競馬をやるなら勝ちたい!的中させたい!そんな人にお薦めのサイトを紹介します。

MENU

競馬予想に必要な情報

 

当たる予想は情報からのイマジネーションで決まる。

 

競馬の予想を構築していく過程に取り入れていくファクターは非常に多い。

 

競馬新聞の印、近走成績、調教、調教師のコメント、メンバー構成、馬場状態、展開予想、
パドック、陣営の本気度

等、上げていけばきりがありません。

 

これらの情報をもとに、結論を導き出すことが競馬予想であり、それに至る最後のポイントは
この馬が一番アツい気がする』という不明確なものになることが非常に多い。

競走馬

 

これは、情報が多すぎることで全ての馬にメリットとデメリットが存在してしまい、良くも悪くも見えてしまうことが大きな理由である。

 

ここでいうメリットの数が多ければ馬券になるというものではないため、余計に質が悪い現象と言えるでしょう。

 

そこで、情報の優劣を付けていきます。

競馬の予想においての絶対基準は、馬の能力である。
これは絶対的なものであるため、信頼できる情報と言える。
馬の能力を指数化した情報の人気が高いことからも、その重要性がわかるでしょう。

 

そして次に、馬の適正を見ることが重要である。

適正とは、馬場、ペース、コース、展開等である。
馬の能力と適性の高い馬を抽出することで、馬券に絡む確率の特に高い馬を
導き出すことができるのである。

 

ここまでの過程は、全てのレースに適応しており、更に絶対的な評価となるため、
予想の根幹として固定することができ、その馬を軸に馬券を買うことにも繋がる。

 

軸にする馬の基本は、最も馬券になる確率の高い馬を選ぶことであるため、
メリットをもとに考えることが大切である。

 

 

絶対的なメリットをもとに軸馬候補をピックアップしたら、デメリットを考える。

ここでは、最も馬券に絡む確率の高い馬の確率を下げるファクターの有無、
度合いを考えるということである。

 

  • そこで用いる情報は、馬の体調、馬場状態と相手関係、ペース等である。
  • 馬の体調を推測するために適した情報は、調教の本数とパドックである。

 

調教師のコメントや調教タイム等をイメージする方が多いが、これには多くの落とし穴がある。調教師のコメントは、真偽を確かめることができないため、情報を鵜呑みにすると危険である。
また、調教タイムは馬によって異なるため、単純に早いタイムを出していればいいという訳ではない。

 

以上のように、不確かな情報は取り入れると迷いを生むため、目に見えて明らかな情報のみを予想に取り入れたほうが全体的な勝率が上がっていくのである。

 

また、競馬の予想において、レースの展開を予想することが非常に大切になる。

これをイメージしなければ、展開の向く馬かどうかを判断することができない。
故に、デメリットを明確にすることができなくなってしまうのである。

 

このように、正しいと期待できる情報に絞ってそれを集め、予想を構築していくことで馬券を的中に近づけることが出来る。

 

ここまでイメージできた段階で、馬券の券種を決める作業に入る。

信頼できる馬が多ければ連勝馬券を買うことが適しているが、そのような馬が少なかった場合、
連勝馬券を買うリスクが高まるため、単勝や複勝のほうが適していると言える。

 

当てにならない馬が多いと感じたときには、人気のあまりない馬の単複を購入することの期待値が非常に高まっていることを頭に入れておいてほしい。

 

馬券を購入する上で大切なことは、馬券1点あたりの配当を考えることである。

 

例えば、馬連3点を均等に購入し、15倍の馬券が的中したときの1点あたりの配当は5倍ということをイメージする。
つまり、単勝5倍の馬の単勝を買うことと同じである。

 

しかし、単勝で10倍を超え、複勝でも3倍を超える馬の単複を買えば、損をしにくい上に大きな配当を得られる期待値が非常に高まるのである。

 

これらのイメージを固めた上で馬券の券種を決めるようにする必要があるのである。

 

ここまでご紹介したのは競馬の予想の基本の一部です。
そしてこのようなスキームを情報として売る競馬情報会社が多く存在します。
そして、その中には予想のスキームを持たずに適当な予想を売る競馬情報会社の詐欺も少なからず存在するので注意が必要です。

 

 

>>的中率を重視しつつ競馬で勝つには<<