即PADは口座決済が必要になりますが、メリットが多いのでおすすめです。

MENU

ネットで馬券を買う

 

ネットで馬券を買う男性

競馬情報会社や競馬予想会社を利用して利益をあげるには、毎週継続して馬券を買うことが必要である。
競馬場やWINSに足を運んで馬券を買う方法もあるが、競馬を趣味ではなく投資として行うのであればネットで馬券を買える環境を作るのは必須だろう。

 

競馬歴が長い人は、昔は電話投票やネット投票の手続きをするのは面倒で時間がかかると思っているかもしれないが、いまのシステムなら手続き当日から馬券を購入できる。

登録までは無料なので、まだネットで馬券を買えない人はすぐに行動を取ることを勧める。

 

ネットで馬券を買うための手続き

 

中央競馬のネット投票は即PADJRAダイレクトの2つの方法がある。
即PADは口座決済が必要になるがメリットが多く、今から馬券をネットで買うなら迷わず即PADを選ぶべきである。

 

即PADの特徴

支払い方法:JRA指定の銀行口座
発売締切時刻:各レース発走時刻の1分前
システム利用料:なし
購入回数:300回/節(土日合計)
1回あたりの最低購入金額:100円
1ヶ月の利用限度:制限なし
地方競馬発売日:JRAが発売する日
海外競馬:JRAが発売するレース

 

JRAダイレクトの特徴

決済方法:JRA指定のクレジットカード
発売締切時刻:各レース発走時刻の5分前
システム利用料:100円/回
購入回数:3回/日
1回あたりの最低購入金額:1,000円
1ヶ月の利用限度:50万円
地方競馬発売日:なし
海外競馬:なし

 

 

それぞれ、JRA指定の決済方法が可能であればネットから必要事項を入力して申し込みをするだけだ。

 

即PADの場合は、「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」のいずれかが必要になる。

 

登録をしたら、振込かペイジーから入金を行い、即PAD内に入っている金額の範囲内で馬券を購入できる。払戻金や未購入で余ったお金はネットから出金手続きを行い登録口座に戻すことも簡単手続きが可能だ。

 

あとはID、PASSでログインしてPC、スマートフォン、携帯電話からネット投票をする流れになる。JRA公式サービスのJRA-VANにも連動している。

 

ネット投票を活用し、稼げる競馬情報会社を見つけられれば、毎週配信された情報を見てネットで馬券を買うという5分程度の手続きだけで安定して稼ぐことも可能になるのだ。

無料情報は当たる?