pro競馬のグループは一部のユーザーを狙って、オープン→閉鎖の行為を繰り返していました。

MENU

pro競馬

 

2017年3月にリリースした競馬情報サイトだが、同年8月に調査した時点ではすでに閉鎖されていた。
最近ではネットの口コミや拡散による影響で、わずか数ヶ月で閉鎖する悪質サイトが増えている。

 

悪徳サイトにバツを出す女性

pro競馬の特徴は、当たらないデタラメ予想でお客から情報料を巻き上げようとするだけではなく、個人情報収集も運営の目的にしていることだ。

 

実はpro競馬を運営しているグループはこれまでにも類似サイトをたくさん作っては閉鎖を繰り返していることで有名。登録時には電話番号登録が必須で「電入系グループ」などと呼ばれていた。
登録した個人情報は悪用されて登録すると強引な営業や全く関係のない詐欺商品の電話勧誘、スパムメールなどの嫌がらせ行為がガンガン来てしまう。
サイトは閉鎖済みだが現在も登録したことによる被害で悩んでいる方も多いのではないだろうか?

 

簡単に年収を稼げるなど甘い言葉で勧誘するなど、こうした怪しい詐欺サイトに登録したという実績がある個人情報は裏社会で高値で売買されています。

 

特に電話番号付きは価値が高く、pro競馬は年収645万円アップや無料情報だけで稼げるなどと宣伝して集めた個人情報を売上に変えていたことが想定される。

 

サイト寿命の短期化は見られるが結局はイタチごっこ

 

ネットの口コミ情報サイトの普及やTwitterの影響力拡大を受けて、デタラメな予想をしている悪質競馬情報サイトは短命化が進んでいる。
pro競馬は典型的な事例で2017年にオープンして半年も持たなかった。
良い傾向ではあるが、同社はこれまでも同じ行為を繰り返していて、テンプレがありちょっと内容や名称を変えれば何度でもお金をかけずに新規サイトをリリースできる。

 

また、こうした簡単な手法が通用する背景には、本当に稼げる優良サイトが実在していることも影響している。
競馬情報を買って借金を返したり、生活を激変させた方もいる中で、そうした情報を見たり聞くことで競馬情報会社に興味を持って登録する方が後を絶たないわけだ。

 

もちろん、しっかり情報収集をすれば見極めることができるが、競馬という特性上、いつの時代も簡単に騙されてしまうカモが一部いるため、pro競馬のグループはごく一部のユーザーを狙ってサイトリリース→閉鎖の行為を繰り返しているのだ。